自分でつくるいろいろな形

2018.02.08_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

先週,授業の中で『GEO FIX』という教具を使いました。

簡単にパーツを結合することができ,平面・立体のどちらでも遊ぶことができます。

 

2018.02.08_903

 

今回は子どもたちに,自分の手で形をつくり出してもらいました。

自分の手の中で変化していく形に興味を持ってほしいという願いからです。

 

2018.02.08_951 2018.02.08_905

 

どの子も,初めはイメージしやすい「三角錐」や「四角錐」をつくり,

「ピラミッドだ!」

「テントだ!」

立方体の上に四角錐をくっつけて

「家ができた!」

と,似たものをつくっていました。

 

2018.02.08_904

 

よくある形を作ったのち,

「かばんができた!」

「なんか鳥みたい」

「おもしろい形だ!」

と,それぞれが新しい形をつくり出し始めました。

 

その声を聞き,他の子が「え!?どんなの??」と興味を持ち,今度は自分が何か新しい形をつくりだそうとし始める姿がありました。

 

2018.02.08_906 2018.02.08_952

 

各曜日,ピラミッドをつくった子の中で,上下反対にしてコマのように回し始める子が出てきました。

きれいに回った瞬間のきらきらした笑顔がどの子も素敵でした。

 

机からコマが落ちて形が壊れてしまった子もいましたが,壊れた形を見て

「コマがロケットになった!!」

と,にこにこ笑っていました。

 

2018.02.08_907

 

他にも,メガネを作ったり (ちゃんと耳にかけることができるよう工夫してありました) ,

「角ができた!」

と,カチューシャのように作ったり (頭から落ちないよう,どうしたら安定するのか考えていました) … 。

 

子どもたちの発想力に驚かされます。

 

2018.02.08_908

 

そして,自分たちがつくった形を記録に残すようにしました。

見取り図をかく作業です。

 

この作業が嫌い,苦手という子もいます。

私から

「ここはちがう」

と,否定することなく,

「見えた線をかいてごらん」

と伝え,頑張ってかいている姿を褒めていきました。

 

まずは自分でやってみることから始めていきましょう。

 

見えない図形を見る

2017.12.01_906

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

最近,『ビジュアル算数』の図形の時間は,シルエットを見てパーツを当てはめる問題を子どもたちに解いてもらっていました。

一見するとただの “遊び” のように映りますが,このパズルに込めた私たちの願いは,子どもたちに「見えない図形を見てもらいたい」ということです。

 

手元にあるパーツの種類は固定し,それらをすべて使い,シルエットに重ねていきます。

もともとパズルが好きでさくさく進む子もいれば,どうパーツを置けばいいのか分からず苦戦する子もおり,それぞれです。

 

2017.12.01_902

 

回数をこなすごとに,一発でパーツの配置を完成させる子や,パーツを使わなくても頭の中で配置を完成させる子が出てきます。

「ここに,こう置いたら … 」と考えてくれているのでしょう。

 

今回は,以前みんなが作ってくれた問題を冊子にまとめ,配布しました。

「わぁ,たくさん !! 」と,嬉しそうな声が聞こえました。

 

2017.12.01_904

 

問題番号に学年を添えたので,小3生・小4生の子たちは年上としてのプライドもあって「年下の子の問題は解かないと!」と意気込んで取り組んでいました。

小1生・小2生の子たちは「 4年生の子の問題できた ! 」と笑顔を見せることも多々ありました。

「こんな難しい問題作るなんて,すごい ! 」「自分ではこんな形思いつかなかった ! 」と問題を褒める子がいたり,「 (10) の 4年生の問題が難しい !! 」と盛り上がっていました。

 

2017.12.01_907

 

中学2年生,中学3年生となると,図形の問題が一段と難しくなります。

自分で図形の中に新しく線をつけ足して考えなければ解けない問題が出てくるからです。

 

いわゆる「補助線をかく」という作業が必要になる問題です。自分で隠れた図形を見つけ出さなければいけません。

 

・ここに線をかいて,三角形に分割しよう。

・ここに線をかいて,直角をつくろう。

 

経験を積み,目が慣れないと「見えない人には見えない,厄介な問題」です。

 

2017.12.01_901

 

小学生や中学1年生では問題に図が添えてありますが,中学2年生,中学3年生になると,問題に「何かが欠けた図」が添えてあります。

高校生になるとこれが問題文のみになり,自分でイメージした図をかき出さなければいけません。

 

あすなろに通う子たちにとってはまだまだ先のことですが,今,遊びながらでも身につけておくと,後々役立つはずです。

 

分からないこと

2017.11.09_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

授業中,子どもたちが「分かりません」「教えてください」と私のところへ聞きにやって来ます。

『そろばん暗算・ビジュアル算数』の時間,いつでも質問することができます。

 

ただし,「何でも聞いていい」という状況にはしていません。

 

「分かりません」に込められた意味が大切です。

「ここが分からないから教えてほしい」と「なんかよく分からないから教えてほしい」とでは全く異なります。

 

よく「何が分からないのか分からない」と言う子どもがいます。

原因を自分で考えず,他人に聞く。これをくり返していては「考える力」は鍛えられません。

 

2017.11.09_902

 

自分でどこまで理解できていて,何につまづいているのか。

自己分析することはとても大切です。

 

2017.11.09_903

 

あすなろ学習会で 1年以上経つ子たちは,だいぶ自分から伝えてくれるようになりました。

自分から「ここが分からない」と言えるようになりました。

 

初めのうちは「よく分からない」でも大丈夫です。

少しずつ練習していきましょうね。

 

2学期が始まりました!

2017.09.13_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

2017.09.13_900

 

夏休み期間中,どの日も『そろばん暗算・ビジュアル算数』の教室内は活気にあふれていました。

 

2017.09.13_902

 

この夏から入会したお子さまもいますし,普段は週 1回の受講だったお子さまたちが週 2回,3回と受講回数を増やすなどして頑張っていました !

今までとは違う良い緊張感が生まれたと思います。

 

2017.09.13_903

 

2学期が始まりました。

 

運動会の練習が始まっている小学校も多く,子どもたちから赤組 (団),白組 (団) どちらになったのか,または競技,応援の練習についての話を聞く機会が増えました。

ケガに気をつけながら,思いっきり楽しんでくださいね。

 

はずる

2017.07.30_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

授業の前後,パズルで遊ぶ子がいます。

ここに並んでいるのは,株式会社ハナヤマ様より販売されている『はずる』というパズルです。

 

2017.07.30_902 2017.07.30_903

 

適当に動かしても,なかなか外せません。

 

カチャカチャ動かしても外せないので,子どもたちは徐々に考えて動かすようになります。

 

「こう動かしてみよう」

「ここをはめて…」

 

子どもたちはぼそぼそ呟きながら,時には唸りながら。

 

途中で,パズルを見る向きを変える子もでてきます。

違う方向から見て,ピースがどのような動きをするのか確認をしています。

 

2017.07.30_904 2017.07.30_905

 

凝り固まった考えでは,このパズルは解けません。

 

両手の中でくるくる回して,動かして…。

挑戦しているときの子どもたちの集中力はとてもすごいです。

 

解き方が分かっても,何回も「はずす・もどす」をしたくなる不思議な魅力をもったパズルです。

大人もつい夢中になってしまいます。

 

難題を目の前にしたとき,いろいろな方向から見て,いろいろな方法を試す。

そんな経験を,遊びを通して体験してくれたらいいなと見守っています。

 

見直しをする

2017.07.04_900

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

『ビジュアル算数』授業では,個々にプリントを解き進めます。

1枚終わるごとに「できました」「お願いします」と,子どもたちが私のもとへ持ってきてくれます。

 

子どもたちの,よくあるミスが以下の 4点です。

 

・答えの単位を書き忘れている。または,単位を書き間違えている。

・式は書いてあるのに,式の計算結果が書いてない。(例:28×14= で止まっている)

・計算ミスをしている。

・思い込みで式を書いている。(例:ひき算の文章問題が続いていたため,次の問題もひき算だろうと思い込んでしまう。)

 

丸つけをしながら,私が「あ,」と呟くと,子どもたちも「あぁ!」と気づきます。

私より先に「あ,しまった!」と気づく子もいます。

私のもとへ持ってきたときには,注意深く自分の解答を見ているので,子どもたちも自分のミスに気づきやすくなります。

 

学校の単元テストでも「もったいないミスをする」という保護者の方からのお話も聞きます。

「早く終わった」という満足感が強かったり,「見直しをしているつもり」になっていたりすると,自分のミスには気づくことができません。

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』では,子どもたちが自分で見直す力も育みます。

 

2017.07.04_901

 

『そろばん暗算』では,ステージ昇級のためのテストがあります。

 

この合格基準は全問正解です。

そのため,テスト時間を少し長めに設定しています。

 

テスト前には「緊張する!」と言う子もいます。

この緊張感も良い練習になります。

 

テスト中,一通り計算が終わると「終わった」「よし,見直しだ」と呟き,見直しモードのスイッチが入ります。

 

今までに見たことのない集中力でそろばんの玉をはじきます。

全問正解すると,その達成感からか「やったー!!」と笑顔が見られます。

 

その後,ほとんどの子が自分から「ここが不安で,何回も見直ししたの!」「 2回目の答えが違ったから、何回も見直した!」と,話してくれます。

また,「まず 1番下の列にある計算を見直して,あとは全部を 2周見直したよ。」と,自分が気をつけたことを話してくれます。

 

どうしたら全問正解できるか,自分で考えて取り組んでくれています。

 

『ビジュアル算数』の文章問題でも,「答えに書き間違いがないか」「計算ミスがないか」を確認してから,私のもとに持ってくる子が増えました。

 

1人では,妥協してしまう見直し。

これからも一緒に見直しに取り組んでいきましょう。

 

自分で考える

2017.06.14_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

学年が上がるにつれて,算数が「きらい」「にがて」という子どもたちが増えてきます。

理由は様々ですが,そのひとつが「文章問題の内容が分からず,どんな式を書けばいいのか分からない」という理由からです。

 

私自身,小学5年生の頃に『割合』が全く分からず,適当にかけ算したり,わり算したり…。

そのまま復習せずに学年が上がり,中学3年生のときに『割合に関する文章問題』で苦戦し,その時にやっと焦り始めて必死に復習を始めました。

 

ドリルやテキストには『小数のかけ算』『分数のわり算』などの単元名が書いてあるので,「かけ算でいいや」「これもわり算だ」と判断し,問題文を読み込まずに式を書いてしまいます。

 

残念ながら,それでは力がつきません。

小学校高学年,中学生と学年が上がるにつれて苦労していきます。

 

2017.06.14_902

 

『ビジュアル算数』の授業では,どういうときに『たし算・ひき算・かけ算・わり算』をするのか,図や絵のメモを使って判断する練習をします。

 

文章問題にはひっかけがあり,『わり算』の単元でも,『たし算・ひき算・かけ算』の文章問題が出てくる構成にしています。

 

子どもたちは「先生,ここかけ算の問題だね」と気づくようになってきました。

答え合わせをするときに,私が「なぜ,かけ算しようと思ったの?」と聞くと「これはね,同じ数をたくさん集めるのを考えるからだよ!」と説明をしてくれます。

 

2017.06.14_903

 

「文章をよく読もう」と気をつけるようになり,少しずつ自分で考える時間が増えてきました。

 

これからも一緒に頑張りましょうね。

 

新学年が始まって

2017.05.12_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

新学年が始まり,1ヶ月が過ぎました。

この春から『あすなろ学習会』の仲間になった子たちも,少しずつこの環境に慣れてきたようです。

 

写真は私が摘んできたカラスノエンドウとスズメノエンドウのさやで,子どもたちは興味津々の様子でした。

 

2017.05.12_902

 

この 4月から『あすなろ学習会』に入って初めてそろばんを使う子や,学校でそろばんを少し経験した子など,さまざまな子がいます。

 

2017.05.12_903 2017.05.12_904 2017.05.12_905

 

指の動きに慣れることから始め,現在は易しいたし算を練習しています。

まだ 1ヶ月ほどですが,指がスムーズに動いています!

 

これからはたし算の中でもくり上がりがメインとなり「ちょっと難しいかも」と思うことがあるかもしれませんが,一緒に頑張っていきましょうね。

 

2017.05.12_906

 

2年目に突入する子もいます。

授業が始まってからの集中力は「さすが2年目!」と言いたくなるほど,教室内にそろばんの玉の乾いた音が響きます。

 

2017.05.12_908

 

丸つけに来たときは,表情もゆるみ,笑顔が見せてくれます。

オンとオフの切り替えができていますね。

 

最近では「ちょっと暗算に自信がついた」と言ってくれる子たちもいます。

 

2016-11-29_900

 

計算は算数の基礎となる力です。

これからも頑張りましょうね!

 

チューリップ

2017.04.13_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

いつもより長く楽しめた桜の花も,散り始めてきました。

外を歩いていると,風が強かったために「この花びらはどこから飛んできたの?」ということもありました。

 

入口のカウンターにチューリップの花を飾っていたのですが,今日になって花びらが 1枚,2枚…と散り始めました。

授業前,子どもたちと散り始めているチューリップを見ていると,きれいに全部落ちきってしまいました。

 

「花びらから紫色の汁が出ると思う!」

「先生、ティッシュに色をつけたらいいと思う!」

 

と,教えてくれた子がいたので,授業が終わってからティッシュを染めてみました。

 

2017.04.13_903

 

机の上で叩き染めをしました。

 

2017.04.13_904

 

「爪で傷つけてからやるといい!」と教えてくれた子もいました。

グーッと押すのか,速くたたくのか…。子どもたちは思い思いの方法で染めてくれました。

 

2017.04.13_905

 

ティッシュに紫色の模様ができ「きれい!」と,ニコニコする子どもたちの笑顔が素敵でした。

 

2017.04.13_906

 

6年生の子もやりたいと言って,お迎えがくるまでティッシュを染めていました。

彼は,花びらを揉むようにしてティッシュを染めていました。

 

速算コンテスト

2017.02.26_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

本日,『そろばん暗算・ビジュアル算数』を受講している子どもたちが集まり,誰が「速く,正しく計算できるか」を競いました。

『そろばん暗算・ビジュアル算数』は受講曜日選択制のため,この日に初めて会う子もおり,教室内はいつもの授業とは違った雰囲気です。

 

2017.02.26_900

 

速算コンテストのルールを伝え,

「始め!」の合図で,一斉にそろばんでの計算を始めます。

計算のレベルは,その子に合ったレベルを設定し,競い合う形です。

 

2017.02.26_902 2017.02.26_907 2017.02.26_906

 

合図の後,教室内にはパチパチ,パチパチと玉を弾く音,カツカツと鉛筆で答えを書きこむ乾いた音だけが弾きます。

普段の授業では,分からないことは先生に聞いたりしますので、比較的和やかな雰囲気ですが,今日は全く雰囲気が違いました。

 

周りの子たちの集中力を感じ取り,「僕も,私も もっと進める!」という気迫に満ちていた空間でした。

昨年に初めてそろばんを習い始めた子たちが,ここまで成長したことに、とても感動しました。

 

2017.02.26_904 2017.02.26_905 2017.02.26_903

 

制限時間があと2分,1分と減ってくると,

「このページは終わらせたい」

「この列だけは」

と気持ちが小声になって出てくる子もいました。

 

タイマーが鳴ると

「終わったー」

と,笑顔も見られました。

 

2017.02.26_908

 

採点をしている間は,伊藤先生や真子先生と楽しく過ごしていました。

緊張感がなくなり,収支和やかな時間でした。

 

結果発表の時間になると,ちょっとドキドキしているようすでした。

 

結果は

3位 小4生

2位 小1生

1位 小4生

 

そして,一番多く計算を進めた子は小3生でした。

 

名前を呼ばれた子に拍手をし,お互いを称え合いました。

嬉しくて自信に繋がった子,悔しくて「次こそは」と思った子,何かを感じたことが次の成長に繋がります。

 

これからも頑張りましょうね。