直方体を積み上げる

2018.11.03_902

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

先日の『ビジュアル算数』の指導で,図形の時間に KAPLA という積み木を使いました。

まずは,積み木を手に取ってもらい,重ねたり並べたりという過程を通しさまざまなことに気づいてほしいと願い,子どもたちに自由に創作をしてもらいました。

 

2018.11.03_903 2018.11.03_905 2018.11.03_902

 

多くの子が初めに虜となった積み重ね方が,この『らせん』です。

やはり,高く積み重ねたいという気持ちが芽生え,それぞれが試行錯誤し始めます。

 

積み木を積み上げるポイントは重心を意識することです。

難しい言葉ですが,子どもたちは感覚で気づいていました。

 

「なるべく真ん中で回転させるといい」

「少しずつ回転した方がいいのかな」

「大きく回転した方がいいかも」

「支えを入れて,あとで抜いてみよう」

 

などと考え,工夫をしてくれました。

 

2018.11.03_906 2018.11.03_907 2018.11.03_908

 

次に多かったのは『家や家具を造る』です。

ミニチュアハウスのように,テーブル・椅子・ベッドなどを配置したり,壁 (窓まで!) や屋根をつけたり,2階建てにしたり,プールや滑り台までつけたり…。

引き出しつきの机・椅子のセットまで!

 

2018.11.03_910 2018.11.03_909 2018.11.03_915

 

そして,『幾何学的に重ねる』ことに魅力を感じ,自由に形を造っている子もいました。

なんとなく重ねただけでも,不思議で素敵な形がうまれてきます。

 

2018.11.03_912

 

さらに,私の想像を超える創作をしている子もいました!

それが『ピアノ』です。

 

「先生!ピアノができた!!」

 

と声が聞こえ,

 

「ピアノの形をつくったんだなぁ」

と思いながら,歩み寄ると…,

 

「~コン♪、~コン♪」

 

と音色が聞こえました。

 

鍵盤をたたくと音が鳴るよう組み立てていました。

積み木の板によって音が違うことに気づき,左から順に音が高くなるよう何度も積み木を 1枚ずつ確認して並べました。

 

なかなか難しい作業でしたが,集中力を切らすことなく完成させていました。

他の曜日の子どもたちに『ピアノ』を紹介すると,

 

「つくってみたい!!」

 

という声があり,何人か挑戦していました。

 

完成した状態の写真が多いですが,完成するまで何度も何度も失敗し,積み重ねたものが崩れることをくり返し,その都度改善をくり返していました。

積み木での創作を通して,子どもたちは “失敗しても改善策を考える”、さらには “やってみなければ (積み重ねてみなければ) 失敗かどうかも分からない” ということを自然に感じ取っていました。

これは日頃の生活でも大切なことですね。

 

まわりの子が造る形に魅了され,

 

「すごい!」

「それ自分でもやってみたい!」

 

と,お互いを認め,称賛し合う声が響いていました。

 

子どもたちの姿がとっても素敵だな,と感じる時間でした。

 

授業前後の様子

2018.010.16_901

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

授業が開始のおよそ30分前になると,子どもたちが続々とやってきます。

学校の宿題をやると決めて持ってくる子やお友達とのおしゃべりを楽しむ子,本を読むのに没頭している子,パズルをする子など様々です。

 

2018.010.16_902

 

中には,自分で創ったお話を書いて交流する場面も見かけます。

 

『読み書き教室』の授業で,登場人物,物語の背景,展開からすべてを自分で考えお話を創る,という指導を行なっています。

授業前にもこのようにして,子どもたちが書くことに親しんでくれる姿を見て嬉しく思っています。

 

また,授業前の時間を有効活用し,学校で学んだの内容の苦手なところを一緒に勉強したりします。

そのようにして,子どもたちの成長を保護者の皆様とこれからも見守っていきたいと思っております。

 

授業のようす

2018.04.10_900

 

ご入学,ご進級おめでとうございます。『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

今回のブログでは『そろばん暗算・ビジュアル算数』の指導を紹介します。

 

2018.04.10_901 2018.04.10_902

 

そろばんのようすです。

 

静かに集中し,黙々と計算に取り組んでいます。

1つのことに集中できるかどうか,とても大切な力です。

 

速く正確に計算する力と共に,集中力も養うことができます。

 

2018.04.10_903 2018.04.10_905

 

文章問題に取り組んでいるようすです。

 

自分でプリントを読み進め,文章問題に挑戦していきます。

分からないときは,私たちに質問できます。

 

どんな計算をすべきかを考えて判断する力を培うため,「わり算」を学習する単元でも,「たし算・ひき算・かけ算」を使う文章問題も出題します。

子どもたちは「このプリントはわり算すればいい」という思い込みを捨てて,文章問題に挑戦しています。

 

新しい 1年,共に頑張っていきましょうね。

 

自分でつくるいろいろな形

2018.02.08_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

先週,授業の中で『GEO FIX』という教具を使いました。

簡単にパーツを結合することができ,平面・立体のどちらでも遊ぶことができます。

 

2018.02.08_903

 

今回は子どもたちに,自分の手で形をつくり出してもらいました。

自分の手の中で変化していく形に興味を持ってほしいという願いからです。

 

2018.02.08_951 2018.02.08_905

 

どの子も,初めはイメージしやすい「三角錐」や「四角錐」をつくり,

「ピラミッドだ!」

「テントだ!」

立方体の上に四角錐をくっつけて

「家ができた!」

と,似たものをつくっていました。

 

2018.02.08_904

 

よくある形を作ったのち,

「かばんができた!」

「なんか鳥みたい」

「おもしろい形だ!」

と,それぞれが新しい形をつくり出し始めました。

 

その声を聞き,他の子が「え!?どんなの??」と興味を持ち,今度は自分が何か新しい形をつくりだそうとし始める姿がありました。

 

2018.02.08_906 2018.02.08_952

 

各曜日,ピラミッドをつくった子の中で,上下反対にしてコマのように回し始める子が出てきました。

きれいに回った瞬間のきらきらした笑顔がどの子も素敵でした。

 

机からコマが落ちて形が壊れてしまった子もいましたが,壊れた形を見て

「コマがロケットになった!!」

と,にこにこ笑っていました。

 

2018.02.08_907

 

他にも,メガネを作ったり (ちゃんと耳にかけることができるよう工夫してありました) ,

「角ができた!」

と,カチューシャのように作ったり (頭から落ちないよう,どうしたら安定するのか考えていました) … 。

 

子どもたちの発想力に驚かされます。

 

2018.02.08_908

 

そして,自分たちがつくった形を記録に残すようにしました。

見取り図をかく作業です。

 

この作業が嫌い,苦手という子もいます。

私から

「ここはちがう」

と,否定することなく,

「見えた線をかいてごらん」

と伝え,頑張ってかいている姿を褒めていきました。

 

まずは自分でやってみることから始めていきましょう。

 

伊藤塾長からのプレゼント

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

伊藤塾長から,あすなろ生たちに『クリスマスプレゼント』兼『お年玉』が届きました!

それは,「辞書」と「図鑑」です!

 

誰しも「どうして?」「なぜ?」と思う瞬間があります。

その疑問を解決するため,『自ら調べ答えを追究する』子どもたちになるためには「辞書」と「図鑑」は外せません。

 

 

普段,私は中学生や高校生の授業も担当していますが,『自ら調べ答えを追究する』姿勢があるかないかで,子どもたちの学びの深さが変化することを目の当たりにしています。

 

ただ単に目の前にある問題が分からず,聞くというだけでは,質問をした意味がありません。

次,また似た問題に出会ったとき,自分で答えを導き出せるかどうかが大切です。

 

 

あすなろ生たちには『答えを追究する』姿勢を身につけて,中学生や高校生,大学生,さらには社会人へ成長してほしいと願っています。

 

あすなろの指導

 

『あすなろ学習会』責任者の伊藤です。

 

ホームページにも記載の通り,『あすなろ学習会』は小中高一貫指導を行なう進路探究塾 Mirai がプロデュースした独自メソッドによる10歳までの学習プログラムです。

多くの保護者様にご賛同をいただいており,現在は50名を超える小学生のお子さま方が私たちのもとで学んでいます。

 

image129

 

写真左が『そろばん暗算・ビジュアル算数』を担当している古川由貴で,写真中央が『読み書き教室』を担当している古川真子です。

2名とも中学生の頃から大学合格まで私が指導した教え子で,小学校教諭一種免許状を所有しています。

 

彼女らは『あすなろ学習会』の担当だけでなく,日頃から小中学生はもちろんのこと,東京大や京都大といった難関大の受験に挑む高校生まで指導を担当している教員です。

ここが『あすなろ学習会』の指導が低学年向けの塾や習い事とは一線を画す部分です。

 

大学受験に向けて何が必要か,低学年のうちにどのようなアプローチをするべきか。

変わりゆく大学受験,来るべき大学受験に向け,実際に難関大を受験する高校生も日頃から指導にあたっている教員が,上記のようなことを考えながら『あすなろ学習会』の指導を行なっています。

 

見えない図形を見る

2017.12.01_906

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

最近,『ビジュアル算数』の図形の時間は,シルエットを見てパーツを当てはめる問題を子どもたちに解いてもらっていました。

一見するとただの “遊び” のように映りますが,このパズルに込めた私たちの願いは,子どもたちに「見えない図形を見てもらいたい」ということです。

 

手元にあるパーツの種類は固定し,それらをすべて使い,シルエットに重ねていきます。

もともとパズルが好きでさくさく進む子もいれば,どうパーツを置けばいいのか分からず苦戦する子もおり,それぞれです。

 

2017.12.01_902

 

回数をこなすごとに,一発でパーツの配置を完成させる子や,パーツを使わなくても頭の中で配置を完成させる子が出てきます。

「ここに,こう置いたら … 」と考えてくれているのでしょう。

 

今回は,以前みんなが作ってくれた問題を冊子にまとめ,配布しました。

「わぁ,たくさん !! 」と,嬉しそうな声が聞こえました。

 

2017.12.01_904

 

問題番号に学年を添えたので,小3生・小4生の子たちは年上としてのプライドもあって「年下の子の問題は解かないと!」と意気込んで取り組んでいました。

小1生・小2生の子たちは「 4年生の子の問題できた ! 」と笑顔を見せることも多々ありました。

「こんな難しい問題作るなんて,すごい ! 」「自分ではこんな形思いつかなかった ! 」と問題を褒める子がいたり,「 (10) の 4年生の問題が難しい !! 」と盛り上がっていました。

 

2017.12.01_907

 

中学2年生,中学3年生となると,図形の問題が一段と難しくなります。

自分で図形の中に新しく線をつけ足して考えなければ解けない問題が出てくるからです。

 

いわゆる「補助線をかく」という作業が必要になる問題です。自分で隠れた図形を見つけ出さなければいけません。

 

・ここに線をかいて,三角形に分割しよう。

・ここに線をかいて,直角をつくろう。

 

経験を積み,目が慣れないと「見えない人には見えない,厄介な問題」です。

 

2017.12.01_901

 

小学生や中学1年生では問題に図が添えてありますが,中学2年生,中学3年生になると,問題に「何かが欠けた図」が添えてあります。

高校生になるとこれが問題文のみになり,自分でイメージした図をかき出さなければいけません。

 

あすなろに通う子たちにとってはまだまだ先のことですが,今,遊びながらでも身につけておくと,後々役立つはずです。

 

疑問から学びへ

2017.11.23_900

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

今月11月,小3生・小4生は『ふしぎなことば ことばのふしぎ』(筑摩書房) という本を読んでいます。

 

題名や表紙を見ると,「なかなか自分では手に取らないなあ…」と子どもたちと話していました。

でも,実際に読んでみると,とても面白かったようで大好評でした。

 

2017.11.23_901

 

先週は『擬声語・擬態語』のお話でした。

 

私たち日本人は,にわとりの鳴き声は「コケコッコー」と表しますが,英語では「コッカードルードルドゥー」と表します。

ドイツ語では「キケリキ」,フランス語では「ココリコ」と表します。

 

「まさか本当にそのように聞こえるのかな」と,子どもたちと疑問に思い聞いてみました。

(YouTube を利用させていただきましたが,とても便利ですね。)

 

結果,まったく聞こえません。(笑)

どうしてそのように表すようになったのか,また新たな疑問が出てきました。

 

2017.11.23_902

 

「知りたい!」「どうして? なぜ?」と思う気持ちが,新たな学びにつながっていく。

だからこそ,子どもたちが疑問に思うことに寄り添い,一緒になって学んでいきたいですね。

 

分からないこと

2017.11.09_901

 

『そろばん暗算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

授業中,子どもたちが「分かりません」「教えてください」と私のところへ聞きにやって来ます。

『そろばん暗算・ビジュアル算数』の時間,いつでも質問することができます。

 

ただし,「何でも聞いていい」という状況にはしていません。

 

「分かりません」に込められた意味が大切です。

「ここが分からないから教えてほしい」と「なんかよく分からないから教えてほしい」とでは全く異なります。

 

よく「何が分からないのか分からない」と言う子どもがいます。

原因を自分で考えず,他人に聞く。これをくり返していては「考える力」は鍛えられません。

 

2017.11.09_902

 

自分でどこまで理解できていて,何につまづいているのか。

自己分析することはとても大切です。

 

2017.11.09_903

 

あすなろ学習会で 1年以上経つ子たちは,だいぶ自分から伝えてくれるようになりました。

自分から「ここが分からない」と言えるようになりました。

 

初めのうちは「よく分からない」でも大丈夫です。

少しずつ練習していきましょうね。

 

秋になると

2017.09.29_901

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

先日は月例の読書会にお集まりいただき,誠にありがとうございました。

今回の読書会は,工藤直子さんの『秋になると』という詩を読みました。

 

工藤直子さんといえば,『のはらうた』が有名ですよね。

私も中学生の頃,教科書に載っていた『のはらうた』大好きでした。

 

2017.09.29_902

 

『秋になると』を読みながら,

 

『「木の実がうれしくなる」って,なんでうれしいのかな ? 』

― きっととってもおいしくなったんだ !

大きくなったよって,よろこんでいるのかもしれないよ !

 

『「いちばん いい様子」って,どんな様子なのかな ? 』

― くりは,大きくて色がきれいで…… あと,くりくりしている !

ぎんなんはくさいけれど,もしかしたら「ここにいるよ!」ってアピールしているのかもしれない !

 

と想像して,詩の一言ひとことを想像しながら読んでいくと,子どもたちがどんどん笑顔になっていきました。

 

2017.09.29_903

 

いよいよ秋が来たなと,しみじみ感じました。