九九とかけ算

2020.09.30_901

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

『速算』の授業で,九九を学ぶプリントがあります。

『ビジュアル算数』でも九九とたし算・ひき算を使って考える文章問題があります。

 

『速算』の九九のプリントは,学校で学ぶ前に九九を覚えている子たちにも取り組んでもらっています。

九九は暗記できていることがゴールですが,音だけの暗記では間違えることがあります。

 

2の段は2ずつ増えている,3の段は3ずつ増えている…。

これらを踏まえ,初めはたし算しながら答えを考えていく練習をします。

ここで「かけ算は,同じ数をいくつか集めるための計算」ということを覚えてもらいます。

 

そうすることで,「○倍」の意味を捉えやすくなります。

さらには,様々な単元の文章問題を読み取ったときに「かけ算で式を書く」と判断できるようになります。

 

今まさにその九九のプリントで学んでいる子がいます。

プリントを通して九九の意味を学び,暗記できるよう頑張っていきましょう!

 

線をかく

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

授業で,平行な線 ・垂直な線をかく練習をしました。

プリントで点をつなぎ,傾きを意識しながら取り組んでもらいました。

 

小学校で学ぶ「直方体・立方体の見取り図」では平行な線の感覚が必要です。

さらに,中学校へ上がれば『図形の単元』に限らず,グラフを扱う『関数の単元』で平行や垂直を考える場面が何度もあります。

 

  

 

「むずかしい」と,初めは苦戦する子も多かったのですが,コツを掴み始め,いつの間にかプリントを仕上げる子も!

 

 

今後,図やグラフをかくときに必要な力です。

どんどん練習していきましょうね!

 

いよいよ!

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

5月中は Zoom を使用してオンライン授業を行なっておりましたが,6月2日(火) より今までの対面授業に戻ります。

 

オンライン授業の最終週,子どもたちに

「来週からいつも通り,教室で授業をするよ」

と連絡すると,

 

「やったー」

と画面越しに喜んでくれる姿が多く,私も対面授業の再開がより一層楽しみでした。

 

オンライン授業のメリットも感じましたが,

“子どもたちと目が合わない”

“子どもたちの手元が見えない”

という歯痒い思いもありました。

 

画面上にお互いの顔は映るのですが,どうしても表情を見たいので,私が画面に映る子どもたちの顔を見ると,カメラ目線ではなくなって絶対に目が合いません。

 

画面上にプリントが映り,どんな文章に注目すべきか,どんな計算式を立てるべきかという説明はできても,

“今,見てほしいところを見てくれているか”

“今,どんな気持ちで見ているか”

を察知しづらく,ただ “画面を共有している” 状態ではないかと不安になることもありました。

 

やはりお互いの手元が見えて,お互いにえんぴつで

「ここが…で,こうなって…」

と即座にやりとりできる同じ空間で共有した方が,より楽しいなと改めて実感しました。

 

来週から少しずついつもの授業に戻っていきますが,新しい生活様式を意識しつつ,衛生管理の気を緩めずに再開したいと思っています。

 

オンライン授業・算数

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

あすなろ学習会では 5月 5日(火) より Zoom を使用し,“双方向オンライン授業” を開始しました。

1ヶ月近い休講期間がありましたので,子どもたちと久しぶりに会えて嬉しかったです。

 

 

接続直後,子どもたちは緊張している様子もありましたが,少しずつ表情が和らいでいき,授業開始時刻までの間に

「歯が抜けたよ!」

と近況報告をくれたり,久しぶりに画面上で会うお友達に「○○ちゃんだ!」とつい声に出したり,微笑ましい光景でした。

 

授業は iPad,PC,ペンタブを使用し,画面上に映し出したプリントに書き込みながら進めています。

授業内容もいつも通り,『速算・ビジュアル算数』の文章と図形を行なっております。

 

こちらから子どもたちの手元が見えない不安もありますが,式や計算結果を答えてくれたり,プリントをカメラに向けてくれたり,

「書けました!」

「できました!」

「ちょっと待ってください」

と教えてくれたり,積極的に取り組んでくれております。

 

保護者の方々にもご協力いただき,オンラインでの授業が成り立っております。

授業中,授業前後,または宿題に関して,お子さまのそばでサポートしてくださり本当にありがとうございます。

 

ビジュアル算数 文章

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

算数・数学で問題を解くにあたり,問題文を正しく読み取ることができるか,さらには正しく立式できるか,の 2点が重要になってきます。

 

 

算数指導の中にあるビジュアル算数⋅文章では,この 2点を練習してます。

 

文章の読み取りと立式をするために「バーモデル (図) 」をかいて,どんな状況か整理します。

数を視覚で捉えながら,「たす・ひく・かける・わる」のどの計算をすべきか,さらには「その計算よりも,先にたす (ひく) 」の計算をすべきかなど考えて立式します。

 

『あすなろ学習会』の子どもたちは,ただ文章から数を拾って立式するのではなく,かいた「バーモデル」とにらめっこしながら立式しています。

 

 

新しい内容のプリントに進んだ小4生の子が,私に質問することなく取り組んで提出してくれたので声をかけると,

 

「今までの解き方から考えて,自分でバーモデルをかいてみた!」

 

と言っていました。

 

自分で解けると,うれしいですね。

これからも頑張りましょう!

 

速算

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

算数・数学の力をつけていくにあたり,計算は速く正確にできたほうがいいと考えております。

文章問題を解く際にも,たとえ解き方が分かっていても,最後に導き出した答えが違っていてはいけません。

 

 

あすなろ学習会の算数の授業の冒頭でも,計算に取り組む時間を設けております。

 

計算のしかたを確認するのはもちろん,ある程度は暗算で答えられるようになってほしいと思い,暗算の練習もしています。

少しずつ 1枚のプリントをこなす時間が短くなっていったり,正答率が上がってきたりと,子どもたちも頑張って取り組んでくれています。

 

水曜日に受講の小3生の女の子は,私が「もう 1枚終わったの !?」と驚くほどでした!

 

 

宿題では速算カードを扱うこともあります。

 

計算の力は日々の積み重ねがとても大切です。

「計算は心配ない !」と言えるよう,これからも頑張っていきましょう。

 

あすなろ学習会の授業担当者

 

『あすなろ学習会』責任者の伊藤維亮です。

 

先日の保護者会および古川由貴のブログでもご案内させていただきましたが,今夏より『あすなろ学習会』の算数科指導がバージョンアップする運びとなりました。

子どもたちが小学校高学年,または中高生になっても使える “本当のスキル” を獲得できることを目指し,『そろばん暗算』を『速算』に鞍替えします。

 

 

算数科担当の古川由貴は『あすなろ学習会』の算数科指導をはじめ,『進路探究塾 Mirai』の小5生⋅小6生や中学生はもちろん,難関大を受験する高校生の指導も日頃から担当しています。

今春の東京大学に合格した『進路探究塾 Mirai』の塾生も,小学生だった頃から東大合格まで古川由貴が指導した生徒です。

 

全国の塾や予備校を見渡しても,小学校の低学年から難関大を受験する高校生までを指導している教員は非常に稀な存在だと思います。

なお,『あすなろ学習会』国語科担当の古川真子も同様に,日頃から小中学生だけでなく難関大を受験する高校生までの指導にあたっています。

 

今後も『あすなろ学習会』の指導に,是非ご期待くださいませ。

 

小5生・小6生では

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

こちらの写真は先週の土曜日の小学5年生・小学6年生の自習の様子です。

 

平日の授業前後の時間帯や土曜日の14時から18時までの時間帯は,小学生にも自習室を開放しております。

 

「学校の宿題と塾の宿題をやりきる!」

という子もいれば,

 

「塾の小テスト勉強がなかなか上手くいかない……。」

ということで勉強の仕方を一緒に考える子や,

 

「学校の勉強で分からないところがあって先生に質問したい!!」

と,自習に来る子もいます。

 

子どもたちがそれぞれに “今日の目標” を決めて,黙々と取り組んでいます。

 

 

また,中学生や高校生のお兄さん,お姉さんたちが自習に取り組む姿を見て,

 

「とても集中している…!」

と,感銘を受けているようです。

 

 

あすなろ学習会の子どもたちも,授業前の時間帯や授業後の時間帯に自主学習に励んでおります。

 

『なかなか家では集中できない……』

という子どもたちの第2の勉強部屋として,私たちは子どもたちの学習をサポートしています。

 

新しい算数指導について

 

『速算・ビジュアル算数』担当の古川由貴です。

 

先日の保護者会でも塾長の伊藤よりお伝えしましたが,この夏,あすなろ学習会の算数指導が “バージョンアップ” します。

『そろばん』を『速算』に変更し,ある程度の計算は暗算で計算することを目標に取り組みます。

 

中学生を指導していると,3桁まであるたし算・ひき算や,2桁と 1桁のかけ算・わり算を丁寧に筆算するのを目の当たりにします。

もちろん,丁寧に計算することは大切ですが,「このくらいの計算は暗算で答えることができたらなあ … 」と思うことが何度もあります。

 

計算はスポーツのストレッチのように,日々取り組んで感覚を忘れないことが大切です。

授業では計算練習のプリントに取り組み,家庭学習として「速算カード」に取り組みます。

 

 

また,『ビジュアル算数・文章題』では,「+・-・×・÷」の使い分けをできるようにし,シンガポール式算数のメソッドで図をかいて考えることにより,答えを導く練習をしていきます。

『ビジュアル算数・図形』は教具を用いて「さわる」ことと,今までよりも「かく」ことにも力を入れ,小学校高学年以降の図形問題に対応できるよう指導していきます。

 

新しい指導に関しまして,ご質問がございましたらお問い合わせください。

 

新しい宿題

 

『読み書き教室』担当の古川真子です。

 

この 4月より『読み書き教室』では新しい宿題を導入しました。

それが『お話プリント』です。

 

 

『お話プリント』は,授業で取り扱っている書籍の一部分を模写してもらう宿題です。

それを行なう中で,子どもたちが習っていない漢字にも興味を持ち,書こうと挑戦する気持ちを養うことをねらいとしています。

 

漢字ドリルのように「やりなさい」「書きなさい」だけで子どもたちに漢字を覚えてもらうことは難しいのではないかと私は考えています。

子どもたちが「この形はどうなっているのだろう」と疑問を持ったり,新しく漢字が書けるようになったことを「うれしい!」と思える瞬間をつくることが,漢字を覚える楽しみとなります。

 

さらに,『お話プリント』に取り組む中で,子どもたちは表現力を身につけていきます。

 

 

よく保護者の方からこんな声を頂きます。

 

「うちの子,感想が単調でいいのかしら … 」

「『嬉しい』とか『悲しい』とか同じ事を繰り返している」

「あらすじを書いているだけで,感想になっていないのでは?」

 

本の感想を書く際に,決まった形はありません。

ですから,子どもが書く感想を見ると,学校で習った通りにパターン化されたものを書いてしまいます。

 

そこで,模写をすることを通じて表現や言葉の使い方を自然と学びます。

名作とよばれる作品を真似することで,書き方を学び,使いこなせるようになってほしいと考えています。

 

 

『お話プリント』を導入したことで,子どもがどんな反応を示してくれるのか今後も見守って生きたいです。